これで大丈夫!賃貸マンションを契約するコツ

>

マンション契約のススメ

賃料と間取りはやっぱり譲れない

賃貸マンションはアパートに比べるとやや賃料や管理費が高くなります。しかしそれに見合ったグレードの物件、あるいは設備が整っているので一度マンションに住むとアパートに住めなくなると言われています。
またマンションはファミリー層をメインにしているイメージがありますが、近年では単身者用の物件もあり多くの方のニーズに応えています。エリアや間取り、駅からの距離によっても異なりますが1Rでも6万円程度が最低価格です。間取りは1R~1LDKが単身者用、2LDK~4LDKがファミリー用となり、古いマンションに関してはリフォーム・リノベーション済で新築の様にキレイな物件もあります。
もちろん設備も最新のものを導入しているので、生活が不便になる事もありません。

条件で決める

ライフスタイルの多様化によって、マンションのあり方も大きく変わっています。例えばペット可能マンションが年々増えている背景には、子供を持たずに共働きで生活するDINKSと言う家庭の形があります。子供が自立し老夫婦だけで暮らす為、ペットと一緒に生活しているというケースもあります。
女性の単身暮らしにはセキュリティがしっかりしていなければなりませんので、オートロックやカメラ付きインターホン、宅配ボックスで防犯する手段もあります。自宅でゆっくりと湯船につかりたいのでバストイレ別、浴室が広めになっているタイプもあります。保証人不要の賃貸マンションなど、様々です。
他にも多くの人気条件がありますので、ゆずれない条件をしっかりと吟味しておきましょう。


TOPへ戻る